2016.GW 呉連枝老師講習会

2016年4月29日~5月8日に、
呉氏開門八極拳七世掌門人 呉連枝老師とお孫さんの呉昊君を招聘して、呉氏開門八極拳講習会を開催しました。

両儀 このページの下へ 両儀両儀 歓送会・その他(家で)へ 両儀

今回の講習会は、提柳刀の学習から始まりました。


提柳刀は、六合花槍と並ぶ、呉氏開門八極拳の主要兵器の一つです。

 

呉連枝老師が持たれているのは、本来の「柳葉刀」です。

 

2日目は、主に用法等を学びました。

 

槍に対する用法です。

 

呉老師手づから、動作の細かい点をご指導なさっています。

 



両儀両儀


今回の徒手講習会のテーマは、「単打・対打・およびその変化」等です。

呉連枝老師の細やかなご指導。

 

呉昊君を囲んで記念撮影。

 

全員の姿勢を矯正します。

 

徒手2日目からは、対打の学習が始まりました。

 

理論・用法も含めた、丁寧なご指導。

 

呉連枝老師の六合大槍は相変わらず見事です。

 

呉昊君も片手で大槍を持ち上げます。

 

進藤教練も持ち上げます。

 

八極対打は、対打系の基礎となるものですが、なかなか奥深いです。

 

この日から、日本八極拳法研究會の渡邉先生がご参加されました。

 

 

徒手講習会の記念撮影。

 

両儀 両儀

「まとめ講習会」は、参加者のレベルに合わせて劈掛拳と扶手を習いました。

まずは劈掛拳の基本功からです。呉昊君の腕の動きが速くて写真がぶれてしまいます。

 

呉昊君が鷂子穿林のお手本を見せてくれています。機敏な動きです。

 

練功法も教えて頂きました。立っている人の掌を叩き、床も叩き、それを左右で続ける大変ハードなものでした。

 

劈掛拳の套路を学ぶあいだに、用法も教わりました。

 

呉連枝老師が劈掛拳の套路をゆっくりと表演してくださいました。じっと見つめる生徒たち。

 

呉連枝老師と呉昊君の模範表演です。

 

呉昊君による、抄手起脚です。

 

後半は、扶手一路を習いました。

 

対打→六肘頭→扶手、と学習が進むにつれ、段々実戦に近い形になってきます。

 


劈掛拳と扶手はかなりハードでしたが、講習会最終日として充実した内容となりました。

両儀両儀両儀

今回は、講習会に加え、開門拳社創立20周年記念会・パーティーと、盛りだくさんの内容となりました。

呉連枝老師を始め、会員の皆様のご協力と、たくさんのご来賓の方のご参加を頂き、成功の内に終えることができました。

心から皆様に感謝を申し上げます。

開門拳社代表 服部哲也

両儀両儀  両儀両儀

両儀 このページの上へ 両儀 歓送会・その他へ 両儀

両儀両儀